最新ニュース

多摩★まちCafe「食を通じた地域の人々とのつながり」を開きました

Share Button

12月10日(土)13時30分から約2時間20分に渡って、多摩★まちCafe「食を通じた地域の人々とのつながり」を開きました。プログラムの詳細は、別紙チラシ等をご覧ください。
第1部は、日本女子大学准教授の黒岩亮子氏及び多摩区民生委員児童委員協議会の上原武氏から子どもや大人(特にシニア)の生活実態やこども食堂が社会ニーズになる背景等のお話をいただきました。また実際にこども食堂を開かれている2つの活動団体:NPO法人ぐらす・かわさきの田代美香氏とすげ寺子屋食堂福しょうじ実行委員会の飯沼康祐氏/矢車佑介氏から実施された時の状況や課題についてお話を聞きました。
第2部では、田代美香氏のグループ、飯沼康佑氏/矢車佑介氏のグループ、黒岩亮子氏/上原武氏のグループに分かれて、それぞれの活動や講師の話について更に詳しい話し合いを行いました。参加者からは、
・(多摩★まちCafeは)堅苦しくない入りやすい雰囲気があってよかった。
・グループワークで色々な方の話を伺うことができたのは良かった。色々な問題点もある
が、今後に期待が持てた。
・ワークショップで意見がたくさん出た。各々の異なる考え方があり、視点の豊富さにビックリした
などたくさんのご意見をいただきました。
まち協たまむすびプロジェクトでも10月29日(土)に「ポレポレたま食堂」という名称で、登戸新川町会と共催でこども食堂を開きました。ここでは誰でも参加できる世代間交流、シニアの地域デビュー、活動団体のネットワーク化、子どもの遊び場提供などを目指して実施しました。私たちの活動も、今回の多摩★まちCafeでいただいたご意見を参考にしながら、まちづくりの課題解決や中間支援的活動に取り組んでいきたいと思います。

実際にこども食堂を運営するゲストの話に熱心に耳を傾ける参加者

こども食堂を運営するゲストの話を熱心に聴く参加者

ゲストの話の後はグループに分かれて意見交換

ゲストの話の後はグループに分かれて意見交換

カテゴリー: 全般, 多摩★まちCafe, 最新ニュース

平成28年度 多摩★まち大学 第1回講座を開催しました

Share Button

去る12月12日(月)午後1時30分より多摩区総合庁舎6階会議室において、地域包括ケアシステムをテーマとした「多摩★まち大学」第1回講座を開催しました。町内会・自治会の方をはじめ40名の方々の参加がありました。第1回講座の演題の概要は下記のとおりです。

①「多摩区の地域包括ケアシステムの取り組みについて」
・配布の「みまもるつながる地域の輪」(市発行/平成28年4月)をもとに、自助・互助・共助・公助について講話があり地域の役割となる互助活動としての生活支援が今後一層期待されること。

・DVDで区内町内会・自治会における互助活動が紹介された。

②「知っておこう!在宅医療・在宅介護の現状と今後の課題について」

・今後も高齢者の増加及び特養老人ホーム等の施設整備が進まない中、在宅介護が増えること。

・要介護者を含め介護にあたる家族の方々への生活支援が必要となってくること。

なお、引き続き、第2回講座を明年1月27日(金)午後1時30分より多摩区総合庁舎11階会議室において開催いたしますので、より多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げます。

多摩区地域みまもり支援センターの説明

多摩区地域みまもり支援センターの説明

あうん介護センター 吉澤所長の講演

あうん介護センター 吉澤所長の講演

カテゴリー: 全般, 多摩★まち大学, 最新ニュース

平成28年度 たまサロンを開催しました

Share Button

 平成28年11月24日(木)、午後7時より多摩区役所会議室にて、まち協メンバー及び区民15名が集まり、たまサロンを実施しました。
 今回は、その前段として、10月15日(土)の多摩区民祭で「出張たまサロン」を開催し、普段身の回りで感じている「関心ごと」「困っていること」「良くしたいこと」などについての課題をいくつか挙げ、来場者に選んでいただきましたが、そのうち上位の「高齢者・障害者がすみやすい」まちづくり、「豊かな自然や文化資源などの魅力を活かした」まちづくりの2つのテーマについて、意見やアイデアを出し合いました。

みなさん、熱く語り合いました

みなさん、熱く語り合いました

最後に各グループで取りまとめを発表しました

最後に各グループで取りまとめを発表しました

カテゴリー: たまサロン, 全般, 最新ニュース

多摩★まちCafé「食を通じた地域の人々とのつながり」の開催のお知らせ

Share Button

12月10日(土)13時30分より、多摩区役所11階会議室で「こども食堂」をテーマに、多摩★まちCafeを開催します。
今回は二部構成にしました。第一部では、日本女子大学の黒岩亮子先生、多摩区民生委員児童委員協議会の上原武さんから多摩区における子どもやシニアの生活実態をお聞きします。さらに、多摩区でこども食堂を運営されている「遊友ひろば寺子屋」「すげ寺子屋食堂福しょうじ」の二つの団体からお話をお聞きします。第二部では、第一部でお話しいただいた方々を囲んで意見交換します。お茶とお菓子をめしあがりながら、交流していただきます。
お子さんからシニアの方まで、どなたでも大歓迎です。1歳半以上の未就学児のお子さんをお連れの方は保育があります。ご希望の方はお問い合わせください。(先着5名、要予約)
みなさんのご参加をお待ちしております。
なお、詳細につきましては、添付チラシをご参照ください。

◆チラシ ↓
多摩★まちCafeチラシ

カテゴリー: 全般, 多摩★まちCafe, 最新ニュース

“エコポイントカードの取組”が「スマートライフスタイル大賞」優秀賞を受賞しました

Share Button

多摩エコスタイルプロジェクトの活動が、第5回スマートライフスタイル大賞優秀賞に選ばれ、11月17日に川崎市長から表彰されました。この活動は、区役所通り登栄会商店街振興組合と登戸東通り商店会と一緒に、昨年からエコポイントカードを活用し、商店街表彰状

左から福田川崎市長・細埜会長・山下代表・三平会長・足立川崎温暖化対策推進会議会長

左から福田川崎市長・細埜会長・山下代表・三平会長・  足立川崎温暖化対策推進会議会長

のエコ推進と活性化をめざして取り組んでいるものです。    区民に協力をしてほしいエコメニュー(例えば「レジ袋はいらない」)を商店が決め、それに協力をするとお礼のポイントが付く仕組みです。ポイントが20ポイント貯まれば100円の金券として使えます。この他に商店街空き地を利用したエコ啓発活動、ごみ削減を目的に、使えなくなった傘の布地を再利用する「傘袋づくり講座」開設、   商店街の催しでは何度も洗浄して使えるリユースカップ普及活動など両商店会と実施をしています。
この受賞を機に、エコポイントカードの普及促進、ごみ削減など商店と区民が力を合わせCO2削減に貢献する商店街エコ活動にさらに努めます。
スマートライフスタイル大賞は、「市民や事業者のCO2削減に貢献する優れた取組やノウハウを表彰し、発信し広げていくことで地球温暖化対策の推進を図る」ものです。今回は大賞をカリタス小学校の「作ろう!泊まろう!ゲル ゲル ゲル(捨てられてしまう羊毛でモンゴル遊牧民の移動式住居ゲルを作る取組)」が、日向山うるわし会の「自然との共生・環境教育」が同じく優秀賞を受賞し、多摩区内3団体が表彰を受けました。

 

カテゴリー: プロジェクト(エコスタ), 全般, 最新ニュース