熱気あふれるまちカツ!

Share Button

2月11日(水)午後1時から、平成26年度の「多摩区まちづくり協議会活動発表会(まちカツ!)」を、多摩区役所11階会議室で開催しました。

開会の当初は100人ほどの参加者でしたが、ポスターセッションの頃には150人を超えました。今年の参加団体数は26。例年から100人前後の参加があるだろうと想定していましたが、本当にうれしい悲鳴でした。

川崎河川漁業協同組合の井口文夫組合長の講演は、長年、多摩川の浄化や漁業に努めてこられただけに、身に迫る苦労話や、地域の人たちの身近な憩いの場になりつつあるという話など、私たちに多摩川をもっと魅力ある川に守り育てようという気持ちを抱かせてくれるものでした。

まち協と各プロジェクトの第4期前半の活動報告を行った後、ポスターセッションに移りました。ポスターセッションは8~9団体がそれぞれ2分間の紹介を済ませて交流タイムに入るという流れを、全3セット行いました。席にいた半数以上の人が、団体をより知るために、ポスター前で質問や交流を行いました。会場は熱気にあふれ、幼児を連れたお母さん方もおられ、かつてない新しいまち協、まちカツ!を感じました。

参加者投票で一番良かった発表団体を選ぶ、今年のベストプレゼンたま賞は、2位との得票数を大きく離して「多摩区でプレーパークをやっちゃおう会」(代表:稲田光世さん)に輝きました。

今年のまちカツ!には、常連になった団体と、多くの新しい団体が参加されました。ポスターセッションが団体の情報発信と交流の場として定着してきました。また、参加団体からまち協で活動される方々も増、人材交流の場にもなってきたようで、まち協のミッションの一つ「中間支援的機能の拡充」を十分果たせたのではないかと思います。

多摩川愛を感じる井口会長の講演

多摩川愛を感じる井口会長の講演

今までにない盛況ぶり

今までにない盛況ぶり

まち協第4期前半の取り組みをご報告

まち協第4期前半の取り組みをご報告

商店街などとコラボ中の多摩エコスタイル

商店街などとコラボ中の多摩エコスタイル

チラシギャラリーを公開中の「マグネット多摩」

チラシギャラリーを公開中の「マグネット多摩」

子どもを介した3世代のつながりづくり「たまむすび」

子どもを介した3世代のつながりづくり「たまむすび」

参加者を巻き込む勢いのある発表も

参加者を巻き込む勢いのある発表も

興味のある団体に直接話を聞けるチャンス!

興味のある団体に直接話を聞けるチャンス!

ポスターセッションの交流タイムは大賑わい

ポスターセッションの交流タイムは大賑わい

ベストプレゼンたま賞を受賞した「たまプレ」稲田さん

ベストプレゼンたま賞を受賞した「たまプレ」稲田さん

元気で楽しいプレゼンでした

元気で楽しいプレゼンでした

カテゴリー: まちカツ!, 全般, 協議会の活動, 最新ニュース パーマリンク