6月6日(土)“エコな商店街”の実現に向けた活動がスタートします

Share Button

登戸東通り商店会が6月6日(土)11時~15時に“わくわく なまずんバザール”を開催します。このイベントに多摩区まちづくり協議会のプロジェクトのひとつ「多摩エコスタイルプロジェクト」も参加し、「エコな商店街」を目指す活動に協力します。

“わくわく なまずんバザール”では、登戸東通り商店会から「エコポイントカード」が発行されます。

「エコポイントカード」の作成に当たって、デザインは下重佳世さん(まち協委員)の作品をベースに、プロジェクトのメンバーが考案しました。

「エコポイントカード」は、エコ活動に協力をいただいた市民の皆様に、その証としてポイントを押印し、20ポイントたまると商店会から環境保全のお礼として金券(100円)が進呈される仕組みになっています。9月末ころまで試験的運用をし、10月以降は、他の商店街にも広げたいと考えています。

1ポイントは小さなエコ活動ですが、子どもたちにより良い環境を引き継ぐための大切な活動で、市民の皆様の協力が必要です。

エコポイントカード

エコポイントカードのイメージ

さらに、多摩エコスタイルプロジェクトでは商店街の空き地を利用して、ソーラークッキングや太陽光発電などエコ体験イベントも行います。また、たまむすびプロジェクトと多摩区役所こども支援室(たまプレ)と一緒にこどもの外遊びイベントを実施します。これは外出による家庭の省エネに貢献するのが狙いです。

<ご参考>

多摩エコスタイルプロジェクトは多摩区の環境改善に対する啓蒙活動とネットワークづくりを進めています。

その活動の一つとして昨年5月登戸東通り商店会ならびに区役所通り登栄会商店街振興組合の日常のエコへの取り組みについてアンケート調査を行いました。それ以来商店街のエコ活動促進策の検討を進めてきました。また両商店街が、平成26年度の川崎市産学公民連携共同研究事業「ボトムアップ型まちづくりによる低炭素商店街の実現」の対象に選ばれたことを契機に、東京都市大学と昨年11月から研究に参加をしています。その第一弾として登戸東通り商店会が6月6日(土)に開催する“わくわく なまずんバザール”において「エコポイントカード」や空き地利用による市民のエコ意識動向調査を行いながら「エコな商店街」の実現に向けて取り組みます。

エコポイントカードの紹介チラシはこちら

 

カテゴリー: プロジェクト(エコスタ), 全般, 最新ニュース パーマリンク