新しい交流広場“まちなか遊縁地”始まる

Share Button

%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%aa%e3%81%8b0917%ef%bc%bf1008-29月17日、登戸東通り商店会の空き地で“まちなか遊縁地”が始まりました。多摩エコスタイルは「エコカフェ」を開き、太陽光でピザや紅茶をつくり、模型電車を動かし、さらにシュロの葉でかごをつくるなどで環境について50名近い地域の皆さまと交流できました。のぼりとゆうえん隊はテント商店街を出し、メリーゴーランドプロジェクトのパフォーマンスを行い、みなさん楽しそうに参加していました。

多摩エコスタイルは昨年7月から商店街エコ推進支援活動の一つとして、東通り商店会の毎月の売り出し日「なまずんの日」にあわせ、区画整理でできた空き地を利用し、環境について地域の皆さまと交流会を単独で開催してきました。今回から下記団体と連携し規模を拡大し“まちなか遊縁地”として新たにスタートしました。

今後、11月19日、来年1月21日にも開催を予定しています。皆さまのご来場をお待ちしています。

“まちなか遊縁地”は、地域の皆さまとの交流を深め、エコな商店街と地域を作ることを目的としたプロジェクトです。登戸東通り商店会と区役所通り登栄会商店街振興組合、東京都市大学環境学部、のぼりとゆうえん隊、多摩エコスタイルプロジェクトが企画・運営しています。

カテゴリー: プロジェクト(エコスタ) パーマリンク