平成28年度 多摩★まち大学 第2回講座を開催しました

Share Button

去る1月27日(金)午後1時30分より多摩区総合庁舎11階会議室において地域包括ケアシステムをテーマとした「多摩★まち大学」第2回講座を開催しました。町内会・自治会の方をはじめ約50名の方々の参加がありました。皆さま各講師のお話に真剣に耳を傾けて聴いておられました。第2回講座の演題は地域における高齢者支援の事例の講演でした。
講演の概要は下記のとおりです。
①「かりがね台自治会の取り組みについて」 かりがね台自治会会長本多武夫氏より
・災害時における要援護者避難支援の対応について
・日常における見守り、パトロール(防犯・防火)、ゴミ美化運動等について
・多摩区の地域包括ケアシステムモデル事業に選定、協力について
②「気になる人を真ん中に~ご近所パワー活用術~」宮前区野川「すずの会」代表鈴木恵子氏より
・高齢者支援ボランティアグループ「すずの会」設立のきっかけについて
・地域の実情に合わせ、またケアを必要とする人の問題を解決するために、グループができることを考え、活動を生み出すことが必要であること
③「幸区の事例~幸区ご近所支え愛モデル事業~についての報告」まちづくり協議会倉田宏氏より
・幸区と区内の町内会・自治会とで推進会議を組織し、複数の町内会・自治会を選定し、それぞれのまちの課題を抽出
・課題解決の方法を各町内会・自治会で議論、まずは自分たちにできることから始めたこと、また少しずつ、点から面へ拡大し、見守りから相互に支え合う関係を築いた
なお、引き続き、第3回講座「子ども・子育て支援を知ろう・学ぼう」を2月24日(金)午前10時より多摩区総合庁舎11階会議室において開催いたしますので、より多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げます。

かりがね台自治会・本多会長

かりがね台自治会・本多会長

すずの会・鈴木代表

すずの会・鈴木代表

まち協・倉田さん

まち協・倉田さん

カテゴリー: 全般, 多摩★まち大学, 最新ニュース パーマリンク