3月20日(水)多摩★まちCafe「身近なところに地域交流の場をつくろう!パートⅡ 町内会・自治会編」を開催しました

Share Button

今回は町内会・自治会で“地域カフェ”をすでに運営されている2団体、栗谷町会(「さくらカフェ」「くりやカフェ マロン」)と生田山の手自治会(山の手Café)、それに4町会(稲目町会・大谷自治会・大道自治会・根岸町会)合同で「(仮称)韋駄天カフェ」を今まさに立ち上げ中の皆様をゲストにお迎えし、約50名の皆様と意見交換をいたしました。

すでに運営中のカフェでは定期的開催のイベントについて「参加者が楽しめる内容はなにか」、「地域に活用できる場があるか」、「地域の人材を活用できるか」など、また、それを支えるスタッフの苦労など貴重なお話をお聴きしました。また、立ち上げ中のカフェはその地域4町会・自治会、民生委員、地域包括支援センターと有志の協力者で「立ち上げ準備会」を結成し、今後の開設までの準備スケジュールのお話がありました。

その後参加者全員で3ゲスト団体を囲んでグループごとの意見交換会をしましたが、ゲスト団体からは

①参加対象にあったイベントの企画の重要性

②参加者同士のおしゃべりが大切

③カフェの効果として地域内で挨拶する回数が増えた

④民生委員との連携が大切

などさらに貴重なノウハウが開示されました。一方、参加者からは 

①立ち上げのきっかけをどう作るか

②場所の確保

③スタッフをどうやって確保するか

④参加者が固定化しないか

⑤認知症の方との付き合い方

などの質問が出されました。 なお、会の初めに12月4日開催の多摩★まち大学での千葉大学特任助教辻先生の講演内容「介護予防と健康寿命をのばすには、なぜ地域内交流の場(カフェ)づくりが必要か」のまとめの報告がありました。 (研修企画部 安井)

カテゴリー: 全般, 協議会の活動, 多摩★まちCafe, 最新ニュース パーマリンク