最新ニュース

第2回多摩★まちCafeを「地域デビューひろば」として開催しました

Share Button

去る3月23日(木)午後1時30分より多摩区役所11階会議室で「地域デビューひろば」を開催しました。地域で何らかの活動をしたいと思っている方、新しい仲間を求めている団体/サークルのメンバー他、約60名の方々が参加されました。
従来の多摩★まちCafeはあるジャンルの数団体に参加いただき、その活動に興味のある方に参加いただくことを目的としていました。今年度初めて開催した「地域デビューひろば」は様々な活動をされている20団体に参加いただき、その活動に興味のある方に幅広く参加いただくという新しい試みで実施しました。
はじめに、共育ひろば主宰の牧岡英夫氏より「ボランティア、市民活動って何だろう」と題して講演いただきました。このテーマについての一般的な考え方を説明されるだけでなく、ご自分の経験の中での楽しいエピソード等を紹介されながらのお話で、分かりやすく、かつ楽しい講演でした。
引き続き20団体から順次活動紹介をしていただき、その後、参加者が興味のある団体のテーブルで個別にお話しするというスタイルをとりました。また参加された団体同士でもテーブルを行き来し、お互いの活動について熱心に情報交換をされていました。

(貼付資料)
共育ひろば主宰 牧岡英夫氏講演資料「ボランティア、市民活動って何だろう」

 

身振り手振りを交えての牧岡さんの講演は、分かりやすく楽しい講演だった

牧岡さんの講演は、分かりやすく楽しい講演でした。

20団体各々が3分という限られた時間で団体紹介を行いました。

20団体が各々限られた時間で団体紹介を行いました。

一般参加者、参加団体が熱心に情報交換しました。

一般参加者、参加団体が熱心に情報交換しました。

カテゴリー: 全般, 協議会の活動, 多摩★まちCafe, 最新ニュース

平成28年度他都市視察研修会で国立市を訪ねました。

Share Button

多摩区まちづくり協議会では年1回、魅力的なまちづくりをしている他都市を視察し、多摩区のまちづくりのヒントにしています。

今年は、去る3月7日に住民による自主的な活動が盛んな東京都国立市を訪れました。

「くにたち郷土文化館」では緑と文化とふれあいをもとにした重要な文化の保存に触れ、「国立本店」では本と街をテーマに様々な活動に取り組み会員が日替わりで趣向を凝らした運営をしており誰でも自由に閲覧できるコミュニティスペースがありました。

「NPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーション」では、富士見台団地(約2,300世帯)の高齢化によって空き店舗になったスペースを利用し、商店主・大学・市民が一体となってコミュニティカフェや地産の店等の担い手になり、事業ごとの委員会に市民や学生などが入り15年間継続的に運営していました。

オトナとコドモをつなぐシェアハウス「コトナハウス」や暮らしに近いモノづくりの拠点「chika-ba」等、若者が意欲的に取り組みたいことを地域や行政が応援していることで有機的に街が活性化していることを実感した視察研修会でした。

訪問先① くにたち郷土文化館

訪問先① くにたち郷土文化館

訪問先② 国立本店

訪問先② 国立本店

訪問先③  ・NPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーション ・NPO法人くにたち地域コラボ

訪問先③ 
・NPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーション
・NPO法人くにたち地域コラボ他

訪問先④ コトナハウス

訪問先④ コトナハウス

訪問先⑤ chika-ba

訪問先⑤ chika-ba

一橋大学兼松講堂前で記念撮影

一橋大学兼松講堂前で記念撮影

 

カテゴリー: 全般, 協議会の活動, 多摩★まち大学, 最新ニュース

平成28年度 多摩★まち大学 第3回講座を開催しました。

Share Button

平成29年2月24日(金)午前10時から多摩区役所11階会議室で、地域包括ケアシステムに関する第3回目の多摩★まち大学を開催しました。

 

まち協では「あなたのチカラを地域で活かそう~互いの生活支援の担い手づくりについて~」をテーマに、これまで2回開いてきました。2回ともどちらかといえばシニアが対象でした。

川崎市の「地域包括ケアシステム」は子ども・子育ても包含しています。そこで今回は、「子ども・子育て支援を知ろう・学ぼう」をテーマに講座を開催しました。

 

まず初めに、日本女子大学社会福祉学科准教授の黒岩亮子様から「誰もが排除されない地域づくりー子ども・子育て支援から考える」についてお話しをいただきました。「地域で子どもの居場所をつくる」ことが子どもや子育てを取り巻く色々な課題解決に大きな役割を果たすということでした。

 

次に多摩区地域みまもり支援センター担当部長の太山和枝様から「子育て世帯を取り巻く環境の変化について」のお話しをいただきました。

子育て中のお母さん方の孤独感、不安感、ストレスなどに対して、周りの人たちの暖かいまなざしと声掛けが大きな支援になるということでした。

 

最後にまち協委員でたまむすびプロジェクトの代表でもあり、多摩区でプレイパークをやっちゃおう会(たまプレ)などで幅広い活動をされている稲田光世(てるよ)様から「子育て中のママの願い~「助けて!」を身近なところで言えたら~」と題して、お話しをしていただきました。

たまプレに来られるお母さん方の生の声として、子どもが思いっきり遊べる場所が欲しいとか、それを見守ってくれている自分以外の人がいることの安心感、それによって自分もリラックでき、心の触れ合えるようになったということでした。

昔子どもだったシニアの皆さん、子ども達はみんなの宝物です。のびのびと心豊かな子ども達が育まれますように手を差し伸べてあげてください。

 

尚、引き続き、第4回講座を3月13日(月)午後130分より多摩区役所11階会議室において開催いたしますので、より多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げます。

日本女子大学 黒岩先生

日本女子大学 黒岩先生

多摩区地域みまもり支援センター 太山部長

多摩区地域みまもり支援センター 太山部長

まち協たまむすびプロジェクトの稲田代表

まち協たまむすびプロジェクトの稲田代表

 

 

カテゴリー: 全般, 協議会の活動, 多摩★まち大学, 最新ニュース

平成28年度 多摩区まちづくり協議会活動発表会「まちカツ!」を開催しました。

Share Button

去る2月11日(土・祝)午後1時より多摩区区役所11階会議室において「平成28年度まちカツ!」を開催しました。多摩区内の市民活動団体の皆さまはじめ区民の皆さま約100名の参加がありました。
「まちカツ!」は、区民の皆さまに、多摩区まちづくり協議会の活動を広く知っていただくとともに、地域のさまざまなまちづくりについて学び、交流する機会を提供する地域のまちづくり活動の発表会です。

はじめに、まちづくり協議会より全体、並びに3つのプロジェクトの活動報告を行いました。(報告内容は添付PPT資料を参照願います)。
つづいて、19の市民活動団体の皆さまによる「ポスターセッション及び交流会」を行い、日ごろの活動内容の報告をしていただき、各団体と来場者の皆さまとの質疑を交えた意見交換が賑やかに行われました。

次に、NPO法人CRファクトリー代表理事 呉哲煥(ご てつあき)氏より『データが語る「コミュニティ」と「つながり」の重要性』についてご講演をいただきました。
わが国の社会問題の背景にあるさまざまな現象をデータで定量的に解説し、その解決策として「人と人のつながりをつくる愛着のあるコミュニティを増やす」ことを提言されていました。

(添付資料)
①多摩区まちづくり協議会活動報告

②多摩エコスタイルプロジェクト活動報告

③マグネット多摩プロジェクト活動報告

④たまむすびプロジェクト活動報告

⑤テータが語る「つなかり」と「コミュニティ」の重要性(呉哲煥さん講演資料)

呉哲煥さんの講演

呉哲煥さんの講演を聞いて、さらに市民活動のモチベーションが上がりました

大いに盛り上がった交流会

大いに盛り上がった交流会

ベストプレゼンたま賞を受賞した「かわさきの安全でおいしい水道水を守る会」

ベストプレゼンたま賞を受賞した「かわさきの安全でおいしい水道水を守る会」

カテゴリー: まちカツ!, 全般, 最新ニュース

平成28年度 多摩★まち大学 第2回講座を開催しました

Share Button

去る1月27日(金)午後1時30分より多摩区総合庁舎11階会議室において地域包括ケアシステムをテーマとした「多摩★まち大学」第2回講座を開催しました。町内会・自治会の方をはじめ約50名の方々の参加がありました。皆さま各講師のお話に真剣に耳を傾けて聴いておられました。第2回講座の演題は地域における高齢者支援の事例の講演でした。
講演の概要は下記のとおりです。
①「かりがね台自治会の取り組みについて」 かりがね台自治会会長本多武夫氏より
・災害時における要援護者避難支援の対応について
・日常における見守り、パトロール(防犯・防火)、ゴミ美化運動等について
・多摩区の地域包括ケアシステムモデル事業に選定、協力について
②「気になる人を真ん中に~ご近所パワー活用術~」宮前区野川「すずの会」代表鈴木恵子氏より
・高齢者支援ボランティアグループ「すずの会」設立のきっかけについて
・地域の実情に合わせ、またケアを必要とする人の問題を解決するために、グループができることを考え、活動を生み出すことが必要であること
③「幸区の事例~幸区ご近所支え愛モデル事業~についての報告」まちづくり協議会倉田宏氏より
・幸区と区内の町内会・自治会とで推進会議を組織し、複数の町内会・自治会を選定し、それぞれのまちの課題を抽出
・課題解決の方法を各町内会・自治会で議論、まずは自分たちにできることから始めたこと、また少しずつ、点から面へ拡大し、見守りから相互に支え合う関係を築いた
なお、引き続き、第3回講座「子ども・子育て支援を知ろう・学ぼう」を2月24日(金)午前10時より多摩区総合庁舎11階会議室において開催いたしますので、より多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げます。

かりがね台自治会・本多会長

かりがね台自治会・本多会長

すずの会・鈴木代表

すずの会・鈴木代表

まち協・倉田さん

まち協・倉田さん

カテゴリー: 全般, 多摩★まち大学, 最新ニュース